グルメ

板前 石山光一 @亀戸 下町で本格的な日本料理

亀戸の駅前から歩いて5分ほど、通りから1本入ったところに「 板前 石山光一 」はあります。

外観はこじんまりとした小料理屋といった感じです。知らなければ通りがかっても入らないと思います。

知り合いの方に連れて行って頂きました。

小さな店にしか出来ないこと

お店に入ると笑顔が凛々しい大将が迎えてくれます。店内はテーブルが2つ。カウンターが5~6つぐらいだったと思います。

正直言って狭いです。でも、その狭さが良いのです。

この座席数なので、予約をしていないとほぼ入ることができません。逆に言うと、少人数だからできるサービスがあるのだと思います。

2人だったので、カウンターに座りました。

板前 石山光一 の料理

板前 石山光一

前菜、八寸のようなものでしょうか。

右から時計回りに、枝豆、鴨ロース、ブロッコリー、カボチャ、アスパラ、三つ葉のおひたし、生湯葉とカニ味噌。

全ての食材がひと手間を加えられています。鴨ロースは特に美味でした。

ハマグリの酒蒸し

香りも抜群、うま味たっぷりで飲み干しました。ハマグリもこんなに肉厚なのは見たことないぐらい。唸ってしまうほど感動しました。美味しいです。

活き赤目フグのてっさ

目の前でさばいているのを見ていましたが、仕事が早くて丁寧です。フグも頭だけ取ってもしばらく動いてるほど元気で新鮮。身はぷりぷり、噛めば甘みも広がります。

野菜の炊き合わせ

大根、人参、茄子、蓮根など。そして、蟹も入っていました。野菜には彫刻のような手仕事が施されています。素材の味を活かされていて、癒されるような味です。大変おいしいです。

揚げ鱧

頂いた日本酒が美味しくて、この辺から記憶が曖昧になってきます。初めにビール、その後に日本酒を2人で合わせて6合飲みました。

鱧の骨切りの仕事はとても丁寧で手早く、心地よい音を聞きながら見ているだけで気分が高揚してきます。味はもちろん抜群です。

カサゴの餡かけ

暗くて見にくいですが、餡は椎茸、エノキ、三つ葉。カサゴは揚げてあったと思います。

焼き鱧と鯛(だったかな?)の炊き込みご飯

いい感じに酔いも回り、美味しいものに満足してきたところで食事です。

お味噌汁と一緒に。おかわりもしました。

上品な味でした。結構、おなかいっぱいに。

北海道の小豆の白玉ぜんざい

甘味は抑えられていて、小豆の味がよく感じられます。この構成のデザートにはぴったりだと思います。

下町で本格的な日本料理

お会計は知り合いに任せてしまったのでわかりません(^^;)

でも色々な情報を確認すると、料理はお任せ5,000円。お酒を合わせて2人で20,000円はいかないかなぁと思います。これだけの日本料理を食べて、飲んでそれぐらいならリーズナブルですね。

亀戸にこんなに良いお店があるとは知りませんでした。

また訪れたいと思います。

 

ご馳走様でした。

 

関連ランキング:割烹・小料理 | 亀戸駅亀戸水神駅東あずま駅

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください