LINEモバイル はSNS系のアプリを使い放題!子供の初スマホにも!

LINEモバイル

LINEモバイル は、2016年9月からサービスが始まった、NTTドコモの回線を使用している格安スマホ、格安SIM業者です。

LINEモバイルはSNS系のアプリのLINETwitterFacebook、そしてインスタグラムをデータ容量を消費しないで利用することができます。

SNS系のアプリをよく使う若い方や、小学校高学年ぐらいの子供に初スマホとしてもぴったりです。

LINEモバイルについて調べてみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




LINEモバイル の料金

LINEモバイルには大きく分けて3つのプランがあります。

そして、その3つのプランにそれぞれがデータSIMとSMS付きデータSIM、そして通話SIMに分けられます。

LINEフリープラン

データ容量 データ データ+SMS データ+SMS+音声通話
1GB 500円 620円 1200円

LINEフリープランは月額500円から始めることができる、まさに格安SIMです。

しかも、LINEの利用がカウントフリーになります。LINEをいくら使ってもデータ容量は減りません。LINEトーク、通話、ビデオ通話、タイムラインやニュースまで。

1GBの高速データ通信量を使い切ってしまったとしたら、通信速度は200kbpsに制限されます。しかし、200kbpsに制限された状態でも、LINEフリープランならLINEの利用は速度制限なしなんです。快適に使えます。

これは大きなメリットです。

ボクはこれを小学校高学年の子供に持たせています。

・大手キャリアのスマホを持たせるのはまだ早い

・気軽に連絡が取れるLINEトーク、LINE電話は使わせたい

・他社の格安SIMではデータ容量を使い切ると、LINE電話などが快適にできなくなる

・出来れば安全のために居場所も知りたい

この問題を全て叶えてくれて、なおかつ1番安いのはLINEモバイルだったのです。GPS機能が付いたガラケーなども考えたのですが、けっこう費用がかさむんですよね。

子供に持たせているスマホも以前、親が使っていた中古のスマホです。そこにLINEモバイルのSIMを入れるだけ。簡単です。

子供との連絡はLINEトークかLINE電話です。ほとんど機会はないですが、外で親以外の人に電話をしなくてはいけない時のために、一応通話SIMを契約しています。

中古ですがスマホなので、下記のアプリを使ってGPSで子供の居場所がわかりますし、データを使い切ってしまってもLINEで連絡が取れるので安心です。

子供用のフィルタリングアプリ、iフィルターが無料

iフィルターは、出会い系サイトなどの、子供に見せたくないサイトを制限するアプリです。そういうアプリの利用制限をしたり、位置情報を親のスマホで確認することもできます。

iフィルターは通常、月額200円〜270円くらいかかります。しかし、それがLINEモバイルなら無料で利用することができます。

コミュニケーションフリープラン

データ容量 データ データ+SMS データ+SMS+音声通話
3GB × 1,100円 1,690円
5GB × 1,640円 2,220円
7GB × 2,300円 2,880円
10GB × 2,640円 3,220円

コミュニケーションフリープランは、LINEだけでなくTwitterFacebook、そしてインスタグラムまでもカウントフリーになります。

これはSNSを多用する人なら、かなりお得なことだと思います。

ただし、LINEフリープランと違って、データ通信のみのSIMは選ぶことができません。

「SNSはあまり使わないけど、音楽や動画はたくさん利用する。」

という方は、同じく格安SIM業者の、BIGLOBEモバイルのエンタメフリーオプションがあります。

Google Play MusicApple MusicAbemaTVなどの音楽や動画をデータ容量を気にすることなく楽しむことができます。

↓詳しくはこちらで解説しています。

BIGLOBEモバイル という名称にBIGLOBEがMVNO事業を統一し、新たなスタートを切りました。 BIGLOBEモバイルは、エン...

カウントフリー対象サービス

それぞれのSNS系アプリの、カウントフリー対象になるサービスです。

LINE
・LINE電話、ビデオ通話
・LINEトーク
・画像・動画の送受信
・ニュース一覧
・タイムラインの表示など

Twitter
・タイムラインの表示、投稿
・通知の画面表示
・メッセージ機能
・プロフィールの編集など

FaceBook
・タイムラインの表示、投稿
・リクエスト
・お知らせなどの画面表示
・プロフィールの編集など

インスタグラム
・タイムラインの表示、投稿
・ストーリーの表示、投稿
・アクティビティの画面表示
・ダイレクトメッセージの利用
・プロフィールの編集など

※ただし、外部リンクへの接続などは対象にならないので、ご注意ください。

LINE MUSIC+プラン

MUSIC+プランでは、「コミュニケーションフリープラン」のカウントフリー対象SNSに加えて、LINE MUSICもカウントフリーになります。

SNSを愛し、音楽も愛する方には、うってつけのプランですね。

データ容量 データ データ+SMS データ+SMS+音声通話
3GB × 1,810円 2,390円
5GB × 2,140円 2,720円
7GB × 2,700円 3,280円
10GB × 2,940円 3,520円

※ただし、別途LINEミュージックの月額料金はかかります。あくまで音楽のダウンロードなどの、データ容量を消費しないということです。ご注意ください。

対応している端末

iPhone6s以降なら、auやソフトバンクで購入したものでも使えます。ドコモで購入したiPhoneは、6以降とiPhone5s、iPhone5cで使えます。LTE対応ではない、比較的古いスマホでも使えます。ただし、機種によってはテザリングが利用できないなどの制限があります。

LINEモバイルのHPで動作確認済みの端末の一覧があります。

詳しくはこちら

LINEモバイル が販売している端末

LINEモバイルが取り扱っている端末は、HUAWEI P10などのハイスペックな端末から、お手頃価格のスマホまで様々な機種があります。

・ZenFone 4 Selfie Pro・・・43,800円

・HUAWEI MediaPad T3・・・19,980円

・arrows M04・・・32,800円

・GRAND X LTE・・・12,480円9,980円

・HUAWEI P10・・・61,800円

・VAIO Phone A・・・21,800円

・HUAWEI nova lite・・・19,900円

・ZenFone 3・・・35,800円

・Blade E01・・・13,800円

子供に持たせるならGRAND X LTE

子供に初めて持たせるスマホとしては、特にGRAND X LTEがおすすめです。

今なら9,980円!

1.25GHzクアッドコアのCPU、800万画素のメインカメラ、オールメタルボディ。

手ごろな価格で充実の機能、十分だと思います。

HUAWEI P10

個人的にはHUAWEI P10がおすすめです。

HUAWEI P10のカメラは、ライカのダブルレンズを採用しています。

2000万画素のモノクロセンサーと1200万画素のカラーセンサー。これによって、より鮮明な写真が撮れます。一般的なコンデジを上回る画質です。また、全面的に改良されたインカメラもライカレンズで800万画素。メインカメラでもおかしくない画素数ですね。

61,800円です。

LINEモバイル公式サイトへ

10分電話かけ放題オプション

音声通話SIMでの通話料金は30秒20円です。

通話アプリ「いつでも電話」を使うと半額の10円/30秒になります。

さらに10分電話かけ放題オプションに申し込むと、月額880円で国内通話が10分かけ放題になります。1回の通話が10分を超過した場合は、10円/30秒の料金がかかります。

サービス 10分電話かけ放題オプション いつでも電話
申し込み 必要 不要
月額料金 月額880円 0円
国内通話料 定額制
10分以内 0円
10分超過分 10円/30秒
従量制
10円/30秒

料金の支払い方法

格安SIMや格安スマホの料金を支払う場合、クレジットカードのみのところが多いですが、LINEモバイルは、クレジットカードとLINE Payカードでも支払うことができます。

まとめ

LINEモバイルはSNS系のアプリのLINETwitterFacebook、そしてインスタグラムをデータ容量を消費しないで利用することができます。SNS系アプリをよく利用する人には、これしかないと言っても良いぐらいの格安SIM業者です。

LINEトーク、LINE通話がカウントフリーで使えて、子供用のフィルタリングアプリのiフィルターも無料で利用することができます。料金も最低500円で持たせることができるので、LINEで連絡を取ることができる、小学校高学年ぐらいの初めてのスマホにもぴったりだと思います。



スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする