格安SIM

LaLa Call のメリットやデメリット!mineo利用者はさらにお得に通話できる

LaLa Call

LaLa Call (ララコール)は、mineoの株式会社ケイ・オプティコムが運営するIP電話サービスです。LaLa Callサービスは2013年9月にスタートしました。

mineoユーザーにとっては、とてもお得なIP電話サービスです。

LaLa Callについて調べてみました。

LaLa Call の料金

LaLaCall

ボクも、仕事で会社や飲食店などの固定電話に電話をすることが結構あるんですよね。会社から携帯電話が支給されている方は問題ないかも知れませんが、中小企業や零細企業などは、個人の電話でかけなければいけない場合があります。

その場合、けっこう通話料はばかになりません。でも、基本的にはメールなどの連絡方法が多いので、キャリアのかけ放題を契約するほどは、毎月かけるわけではないことが多いです。

そこで選択肢に入ってくるのが、LaLa Callです。

とにかくLaLa Callは通話料金が安いです。

通話相手 通話料
LaLa Call、ビジネスLaLa Call、eo光電話、オフィスeo光電話
光電話オフィス、050IP電話(無料提携)
24時間いつでも無料
携帯電話(国内) 30秒/8円
PHS(国内) 1分/20円
固定電話(国内) 3分/8円
050IP電話(有料提携) 3分/7.4円
国際電話 1分/6円(非課税)

 

固定電話へは3分/8円

特に固定電話への通話料金が3分で8円というのが、特筆して安いです。

大手キャリアとかけ放題以外のプランで契約していると、固定電話への通話料は30秒で20円かかると思います。それが3分で8円で済むわけです。

通話料金

携帯電話への通話でも30秒で8円なので、通常の半額以下です。

この利用料金の安さがLaLa Callの最大のメリットでもあります。

 

LaLa Call 同士は通話無料

そして、表の通りLaLa Callを契約している人同士の通話は無料です。

例えば、家族でLaLa Callのアプリをインストールして、お互いが契約しておけば大手キャリアの家族割りがなくても通話料が無料になるわけです。

これは家族の通話が有料になることが、MVNOに乗り換えをすることの障壁になっている方にとっては、大きなメリットだと思います。

 

月額基本料

LaLa Callは月額基本料がかかります。月額100円(税抜)です。

しかし、今ならその月額基本料が実質3カ月間無料です。

キャンペーン

 

キャンペーン期間 2017年7月2日(月)~8月31日(金)

 

LaLa Callの月額基本料を2カ月無料(申し込み翌月と翌々月)です。申し込み月は無料です。ユニバーサルサービス料は無料の対象となりません。

キャンペーン期間中にLaLa Callを申し込みした方が対象となります。

 

mineoの契約者ならさらにお得

mineoでお得

格安スマホのmineoLaLa Callを使うとさらにお得になります。

↓mineoの詳しい解説はこちら。

mineoロゴ
マイネオ (mineo)を徹底的に解説!業界初のトリプルキャリアマイネオ (mineo)という格安simサービスがあります。 ボクは3年以上mineoを使っていますが、利用してみてわかったメリッ...

 

月額基本料が実質無料

実質無料

eo光やmineoの契約者は月額基本料は100円(税抜)かかりますが、LaLa Callで利用できる無料通話100円(税抜)分が毎月付いています。

実質無料で利用できるというわけですね。

 

シングルタイプでもOK

mineoのシングルタイプ(データ通信のみ)の契約でもLaLa Callを利用できます。

シングルタイプは月額700円~からありますので、かなり安く済ませることもできます。

 

子供の初めてのスマホにも

特に、小学生の高学年ぐらいのお子さんに、初めてのスマホを持たせるにはピッタリだと思います。

キッズケータイだと恥ずかしがる。しかし、まだまだキャリアのスマホはもったいない。子供と連絡を取り合うために、メッセージアプリや最低限の通話は使わせたい。できれば安全のためにGPSで居場所も知りたい。

最近はLINEが使えたり、GPSが付いているガラケーもありますが、こういう時に大手キャリアのガラケーだとけっこう費用がかさむんです。

そこで例えば、親が使っていた中古のスマホに、mineoの1番安いシングルタイプのSIMを挿して、LaLa Callを契約します。

すると、月額1,000円以下で親との通話、メッセージアプリ、GPSで位置の確認ができるようになるわけです。

子供が、中学生や高校生になったらスマホを持たせないといけなくなるかもしれませんが、この微妙な時期に持たせるスマホにはちょうど良いと思います。

 

パケット通信料が無料

mineoでLaLa Callを利用する場合は、データ容量が消費されません。

IP電話はデータを使って通話するわけです。でも、mineoでLaLa Callを利用すると、そのデータ通信の容量が消費されないのです。

これも大きいメリットだと思います。

 

mineoと一括請求することが可能

mineoの月々の請求と一緒に支払うことができます。

まとめて決済することができるので、わかりやすくて良いですね。

 

LaLa Callの特徴

LaLa Callの特徴には以下のものがあります。

 

もう一つ電話番号が持てる

これは他のIP電話サービスでもありますが、050で始まる電話番号を1つ持つことができます。

もちろん今の電話番号も通常通り使えます。

例えば、ネットショッピングや懸賞で電話番号を入力しなくてはいけない場合、いつも使っている電話番号を記入するのは少し気が引けますよね。そういう時にもう1つ電話番号があると助かりますね。

また、050の電話番号は仕事専用に使い分けるということもできます。その場合はスマホ1台で2つの電話番号を持てるので便利ですね。

 

留守番電話サービスが標準で使える

留守番電話サービス

LaLa Callでは、留守番電話サービスが標準で使えます。

メッセージ件数20件、メッセージ録音時間90秒。地味に便利な機能です。

 

どれだけお得か確認できる

トクトク表示という機能があります。

例えば、ドコモの料金プランと比べてどれぐらいお得に利用できたかを教えてくれます。

節約のモチベーションを保つのに役立ちそうです。

 

メッセージのやり取りができる

LaLa Callでは、チャットのようにメッセージをやり取りすることができます。

LINEと同じような機能です。LINEのようにスタンプや、写真や動画、位置情報も送れます。

 

かけられない番号

LaLa Callには、フリーダイヤル(0120)やナビダイヤル(0570-0)、緊急通報(110番,119番)など、かけることができない番号があります。

詳しくはこちら→かけられない通話先について

データSIMだけでの運用だけで通話の契約をしていない場合は、緊急通報に電話をかけることができません。万が一のことがあった場合に大変不便です。これは、デメリットの1つですね。

 

LaLa Callの契約方法

まずは、LaLa Callのアプリをインストールします。

そうすると以下の画面にいきます。

契約方法

eoIDがなければ利用できません。その場で登録すればすぐに使えるようになります。

もし持っていなければここで登録しましょう。

契約方法

もし、mineoに加入していればこの画面からeoIDを入力して、すぐに次の段階へ進めます。

 

ログイン画面

eoIDを登録したら、パスワードと共に入力します。

番号選択

すると、5つの電話番号の候補から好きな番号を選ぶことができます。5つの中に気に入った番号があれば良いですね。

コールバック

その後は、4桁の暗証番号が出てきます。そして、あらかじめ登録しておいた電話番号に電話がかかってきます。自動音声で暗証番号を入力してくださいと言われるので、先ほどの4桁の暗証番号を入力します。

認証されれば登録完了です。

 

まとめ

LaLa Callは通話料金がお得に使えるIP電話サービスです。

特にmineoを使っている方は、さらにお得に利用することができます。

LaLa Call公式サイトへ