格安SIM

IIJmio(みおふぉん) 大容量の通信量を分けあえるファミリープランがオトク!

IIJmio(みおふぉん) は2008年より提供されている老舗の格安SIMです。

『格安SIMアワード』では2015年、2016年と総合満足度最優秀賞を獲得しました。2016年は「FREETEL SIM」と同率で首位でした。

「ブランドイメージ」においても2年連続で最優秀賞を獲得しています。

 

IIJmio(みおふぉん)

 

IIJmioは、最大10回線まで1契約の高速通信容量を共有することで、全回線の合計料金を安く抑えることができる「ファミリーシェアプラン」が特徴です。

また、ドコモ回線だけでなくau回線を選べるのも、他社の格安SIMにはあまり見られないメリットです。

2017年5月1日からは月額830円で10分以内の通話がかけ放題になり、6月1日からは20GBと30GBの大容量データオプションも追加されたので、これまでよりも使い勝手が良くなりました。

IIJmio(みおふぉん)について調べてみました。

 

IIJmio(みおふぉん) の料金

IIJmioは、ドコモ回線とau回線を選べる「マルチキャリアMVNO」です。

そして、データ通信プランは各3種類です。

料金プラン

 

Dプラン(ドコモ)

ミニマムスタートプラン
ライトスタートプラン
ファミリーシェアプラン
初期費用 3,000円(税抜)
データ通信専用SIM
900円~(税抜)
1,520円~(税抜)
2,560円~(税抜)
SMS機能付きSIM
1,040円~(税抜)
1,660円~(税抜)
2,700円~(税抜)
音声通話機能付きSIM(みおふぉん)
1,600円~(税抜)
2,220円~(税抜)
3,260円~(税抜)

・ミニマムスタートプラン・・・3GB(SIMカード最大2枚まで)

・ライトスタートプン・・・6GB(SIMカード最大2枚まで)

・ファミリーシェアプラン・・・10GB(SIMカード最大10枚まで)

 

データオプション 20GB
データオプション 30GB
大容量オプション
(データオプション)
3,100円(税抜)/月
5,000円(税抜)/月

追加SIM利用料・・・SIMカード1枚につき400円/月

 

Aプラン(au)

ミニマムスタートプラン
ライトスタートプラン
ファミリーシェアプラン
初期費用 3,000円(税抜)
SMS機能付きSIM
900円~(税抜)
1,520円~(税抜)
2,560円~(税抜)
音声通話機能付きSIM(みおふぉん)
1,600円~(税抜)
2,220円~(税抜)
3,260円~(税抜)

・ミニマムスタートプラン・・・3GB(SIMカード最大2枚まで)

・ライトスタートプン・・・6GB(SIMカード最大2枚まで)

・ファミリーシェアプラン・・・10GB(SIMカード最大10枚まで)

 

データオプション 20GB
データオプション 30GB
大容量オプション
(データオプション)
3,100円(税抜)/月
5,000円(税抜)/月

追加SIM利用料・・・SIMカード1枚につき400円/月

 

DプランとAプランの違い

データ通信のみのプランを選ぶと、Aプランの場合はSMS機能が付帯しています。

しかし、Dプランの場合はSMS機能が付いていません。オプションで付ける必要があります。

その料金が140円(税抜)かかります。

音声機能はいらないけど、SMS機能は欲しいという方は、Aプランの方が割安だということになります。

 

みおふぉんダイアル

みおふぉんダイアル

音声通話SIM(みおふぉん)を契約すれば、だれでも使用可能な「みおふぉんダイアル」というサービスがあります。

みおふぉんダイアルのアプリから電話をすると、通話料が半額になります。国内電話料金が10円(税抜)/30秒です。

アプリ経由ですが、IP電話ではありません。

電話回線を利用しているため音質は良く、安心して使えます。

なお、注意点として、みおふぉんダイアルではフリーダイヤル、ナビダイヤル、110番などの3桁番号への発信はできません。

アプリを使わなければこれらの番号にも発信できます。

 

通話定額オプション

通話定額オプション

みおふぉんには通話定額オプションがあります。

通話時間が長い人向けと、短い人向けの2種類のオプションがあるのは珍しいです。

 

1回の通話が長い人向け 1回の通話が短い人向け
月額料金 830円 (税抜) 600円 (税抜)
国内通話 10分以内の通話無料、
超過時は10円/30秒
3分以内の通話無料、
超過時は10円/30秒
同一契約間通話
(mioID)
30分以内の通話無料、
超過時は8円/30秒
10分以内の通話無料、
超過時は8円/30秒

国内通話はそれぞれの無料通話時間を超過すると、10円/30秒の料金がかかります。

同一契約間通話の「30分以内の通話が無料」や「10分以内の通話が無料」は、同じIDで契約した端末同士が対象です。異なるmioIDだと通話無料対象外です。

例えば、IIJmio(みおふぉん)を2回線分の契約をしたとすると、この2回線同士での通話はそれぞれ30分無料や10分無料になるということです。

同一IDでの無料通話時間(30分or10分)の超過分は8円/30秒です。

 

対象端末

IIJmio(みおふぉん)で利用できる端末はとても豊富です。

端末セットで購入すると、さらにお得な「コミコミセット」というキャンペーンもあります。

IIJmio(みおふぉん)

 

IIJmio(みおふぉん) のまとめ

IIJmio(みおふぉん)に乗り換えのポイントは、

・顧客満足度が高い、安心な格安SIM業者

・家族で分け合える大容量プランがある

・2種類の通話定額オプション

IIJmio(みおふぉん)は、顧客満足度が高く、ブランドイメージも2年連続で最優秀賞を獲得している、安心できる格安SIM業者です。

大手キャリアから家族で乗り換える時には、料金の安さだけではなく「安心感」も重視するべき項目の1つだと思います。

そういう意味ではこのIIJmio(みおふぉん)は、非常に有力な候補の1つになるでしょう。

そして、家族で乗り換えた時に「ファミリーシェアプラン」は、とてもお得です。

例えば、通信データのみの月額2,560円(税抜)10GBの通信量を3人で使う場合、1人約3.3GBを使う事ができます。

スマホユーザーの50%以上が、月間3GB以下の通信量しか使用していないとの結果が出ているので、家族3人でわけあう場合はこの月額2,560円(税抜)10GBで足りるということです。

毎月のスマホ利用料金は、大手キャリアよりも相当下がると思います。

もし、10GBで足りない場合は20GBや30GBの大容量プランもあります。

さらに、通話定額オプションで同一契約間通話が30分or10分無料になるのは、大きなメリットです。

使い方次第でかなりお得に利用できる格安SIMです。

IIJmio(みおふぉん)