保険

お家の保険相談センター は実地調査が無料!保険金が下りるかも

お家の保険相談センター

この記事は、「 お家の保険相談センター 」について紹介しています。

お家の保険相談センターは、無料で実地調査をしてくれたり、見積書の作成や保険会社とのやり取りのアドバイスなど、保険金を正当にもらう事のできるように力を貸してくれる会社です。

お家の保険相談センターの評判や実地調査の申し込み方法などを紹介します。

お家の保険相談センター とは

最近の日本は、大雨や大型台風など人の力ではどうしようもないような自然災害が頻発しています。

2019年の台風19号は、立地が海抜「ほぼ」0メートル地帯なので、台風の状況がひどくなる前に近くの避難所に避難しました。

お家の保険相談センター

しかし、避難したのはよかったものの、

「自宅が冠水したらどうしよう。」

「何かが飛んできて窓ガラス割れてないかな。」

とか、実際に家にいないとどうなっているかわからないのでとても不安でした。

 

結局、台風が収まってから帰宅すると、幸いなことに何事もありませんでした。

しかし、万が一窓ガラスが割れていて、部屋の中が風と雨でひどいことになっていた場合は、まずどうすればよいでしょうか。

「被害の写真を撮っておく?片付けちゃっていいのかな?そもそも保険金は下りるの?」

わからないことだらけですよね。

被害にあってパニックになっているときはさらにだと思います。

そこで「お家の保険相談センター」の出番です。

お家の保険相談センターは、無料で実地調査をしてくれて、見積書の作成や保険会社とのやり取りのアドバイスなど、保険金が正当にもらうことが出来るようにしてくれる心強い味方です。

火災保険とは

まず、火災保険には入っているでしょうか。

一戸建てのマイホームを持っている方はほとんど入っているようです。

「火災」保険はその名の通り、マイホームが火災や災害に見舞われたときに保険金が下りる保険です。

しかし、実は火事以外の雪や大雨、台風や雷などの被害にも適用されるのです。

保険が適用されると聞くと床上浸水や火災など、大きな被害がないと保険金が下りないと思われがちですが、保険金が下りる条件として被害の大小は関係ありません。

保険会社が重視するのはその原因です。

大雨や強い風などが原因で被害を受けたということが保険会社に判断されれば、被害が出た箇所を元に戻す費用は支払われます。

無料で実地調査

お家の保険相談センターは、無料で実地調査をしてくれます。

そして、保険金が実際に下りた場合にのみ、保険金から一部を成果報酬として払います。

実地調査に来てもらっても申請できる箇所がない、もしくは申請してみたけれど保険金が下りなかった場合については費用を請求されません。

しかも、見積もりの作成や保険会社とのやり取りのアドバイスなど、ちょっと面倒くさいなと思ってしまうことをやってもらえるので、気持ちのハードルが下がりますよね。

そもそも保険金は下りるものなの?

被害が何もないように見えても、保険金が支払われたりすることがとても多く、築5年以上の一戸建ての約70%以上で、平均100万円の保険金が下りているそうです。

ただし、保険金を請求するには、保険会社に申請しなければいけません。

その申請がやっかいなんです。

 

1.被災箇所を探す為に、ハシゴなどで屋根に登って調査しなければならない

2.傷が被災によるものか、経年劣化によるものかの判別が必要

3.被災箇所を適切な角度で、写真撮影する必要がある

4.申請可能な箇所を見落としてしまうリスクがある

5.被災箇所が、具体的にいつどの災害によって生じたものかを特定しなければならない

6.被害に見合った適切な額の見積書を、作成しなければならない

7.保険会社・鑑定人とのやり取りを、正確に行わなければならない

 

これをすべて個人でやろうとしたら大変ですよね。

はしごがなければどうにか入手しないといけないし、そもそも屋根から落ちてしまったら元も子もありません。

それならいっそのことプロに頼んでしまうのが良いと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください