クレジットカード

クレジットカード取得の際の 審査 。注意点など

クレジットカード

クレジットカードを所有するには 審査 が必要です。

最近は、クレジットカードをネットなどでも簡単に申し込めるようになりましたが、やはりクレジット(信用)カードですから、きちんとした審査があります。

その審査を通過しないとクレジットカードを保有することは出来ません。

審査 の基準は?何を調べている?

カード会社は何を基準に私たちを評価しているのでしょうか。

ずばり、クレジット(信用)カードが重視する判断基準は

・年収

・返済の実績

・居住地や財産です。

安定した仕事を持っていて、過去に返済を滞ったことがなくて、夜逃げしない居住地や財産があることが重要な判断基準なのです。

年収は、高ければ高いほど良いというわけではありません。もちろん高ければ上位カードを取得するのに有利だったりしますが、それよりも勤め先や勤務年数と、年収が見合っているかなどがチェックされているので、見栄などを張らずに正しい年収を書きましょう。

返済の実績とは、過去に延滞などがないかどうかです。消費者金融などからの借り入れもマイナスに働くことがあります。

居住地や財産とは、持ち家なのか、賃貸なのかということです。持ち家だと借り逃げされにくいので、審査が通りやすくなります。逆に賃貸だと、審査にとってマイナスに働くことがあります。

審査はカード会社によって基準が違う

審査の内容はその会社ごとに違います。

カード会社の規定に沿った、より細かな審査をしてその方の信用レベルを測ります。

申込書に記載された項目から、この人に自分の会社のカードを発行して良いのかというのを判断しているのです。

その項目とは、年齢、職種、勤務先の規模、勤続年数、収入、居住年数、住居形態、家族構成などです。

カード会社は、あの会社であの年齢で何年勤めているとなると、これだけの収入があるだろう。家族が何人でここに住んでいるということは、これだけ余裕があるなといったようなことを細かく調べています。

そうやって過去の膨大な情報から判断しているのです。

返済状況を把握するために個人信用情報センターを利用

申込書に記載された情報よりも重要視されているのが、過去の支払い履歴や借り入れの状況です。

カード会社は、必ず個人信用情報センターという機関に照会を行います。

個人信用情報センターには「CIC」、「全国銀行個人信用情報センター」、「日本信用情報機構」があります。

銀行やクレジットカード会社、消費者金融などから利用者の情報が共有されています。

例えば、過去にクレジットカードで延滞を繰り返したことや、消費者金融などから借り入れがあると審査では不利になります。

信用情報の登録期間

申し込み情報の登録:6ヶ月

新規クレジットやローンの申請を行った際に登録されます。

クレジットの支払いの延滞情報の登録:1年

延滞解消日から1年の間、登録されます。

自己破産に関する情報の登録:5年

債務整理をした場合、各信用情報機関にその情報が登録されます。

その情報が残っている間は新規にクレジットカードの発行が出来なくなります。

多重申込みでも不利に。

クレジットカードの多重申込みも気をつけましょう。

一度に多数のクレジットカードを申し込みしている方は、審査がマイナスに働くこともあるので注意しましょう。

固定電話持ちは有利に働く?

最近は固定電話を契約していなくて、携帯電話しか持っていない若者も多いと思います。

しかし以前は携帯電話しか持っていないと不利になるという話を聞いたことがあります。

昔は「電話加入権」というものがあって、高額な加入料を取らないと固定電話は契約出来ないということがありました。

その名残で「電話加入権」を持っている人は信用の出来る人ということにつながったのでしょう。

ボクは、今は全くと言っていいほど関係ないと思っています。

もちろんカード会社によっても審査の基準が違うので、はっきりとは言えませんが。

まとめ

クレジットカードの審査はカード会社によって基準が違うので、こうすれば必ずカードが発行されるということはありません。

同じカード会社でも一般カードとプラチナカードでは審査の基準が違います。

申し込み制のプラチナカードでは審査に落ちてしまっても、一般カードから延滞なくクレジットヒストリーを積み重ねていけば、たとえ属性が低くても、いずれゴールドカードやプラチナカードを取得することも夢ではありません。

長い期間、そのクレジットカードを使っている方を重視するカード会社は多いです。

クレジットカードによっては、収入のない専業主婦や学生でも作ることが出来るカードもあります。

若いうちから同じカード会社とお付き合いしておくのも良いと思います。