JREPOINT への共通化!ビューサンクスポイントとSuicaポイントが統合

2017年12月5日にSuicaポイントが JREPOINT へ共通化されました。

これにより「駅ビルなどで貯まったJRE POINT」と「登録したSuicaの利用で貯まるJRE POINT」(Suicaポイント)をひとつにまとめて、合算して利用できるようになります。

そして、2018年6月28日からはビューサンクスポイントもJREPOINTに移行されます。

JR東日本のSuica定期券やオートチャージで3倍貯まっていた、ビューサンクスポイントもこれからはJREPOINTとして貯まることになります。

Suicaポイントクラブからの移行方法やオトクな使い方、ビューサンクスポイントの詳細などを調べてみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




JREPOINT とは

JR東日本グループの共通ポイント「JRE POINT」はJR東日本グループで使えて、貯めることができます。

JRE POINT加盟店の駅ビルなどで買い物や飲食すると、JRE POINTカードの提示で利用金額100円(税抜)あたり1ポイントが貯まります。

ポイントの有効期限は、ポイントが変動した(貯める・利用する)日から2年間有効です。

Suicaポイントクラブ

Suicaポイントクラブは、Suicaを登録するとSuicaポイント加盟店でポイントが貯まります。

そして、貯めたポイントはまたSuicaにチャージできます。

Suicaポイント加盟店をよく使う場合は、Suicaポイントクラブに加入するとSuicaポイントがよく貯まります。

しかし、事前に登録が必要なので、あまり知名度がなく、損している人が多いようです。

今回、JRE POINTに統合されることで、より便利になり、知名度も上がってくるでしょう。

JREPOINT への移行方法

SuicaポイントクラブからJRE POINTに移行する場合は、移行ページから操作します。

先にJRE POINT WEBサイトに登録を済ませる必要があります。

登録が済んでいない方はメールアドレスを入力して仮登録します。

送られてきたメールのURLをクリックして本登録に進みます。

先ほどのメールアドレスとパスワードを入力して、ログインします。

続いて第2パスワードを設定します。

第2パスワードは、各種履歴確認や会員情報確認・変更など重要な情報にアクセスする際に必要です。

Suicaポイントクラブから移行をする場合は、[Suicaポイントクラブから移行をされる方]をクリックします。

Suicaポイントクラブに登録してあった、ユーザーID・パスワードを入力、もしくはMy JR-EASTのID・パスワード、そして氏名・性別・生年月日・電話番号・住所を入力して、「移行する」を押したら移行完了です。

移行完了の画面が出たら、JRE POINTに移行できたということです。

ビューサンクスポイント

ビューサンクスポイントとは、VIEWカード(ビックカメラSuicaカードルミネカードなど)を駅や街で利用すると貯まるポイントです。

公共料金や街やネットでの買い物、食事の際の支払いは1,000円につき2ポイント(5円相当)のポイントが貯まります。

ビューカードによるSuica定期券の購入やオートチャージの利用は、ポイント3倍になるので、1,000円の利用で6ポイント(15円相当)のポイントが獲得できます。

JREPOINT への移行方法

ビューサンクスポイントは自動的にJREPOINTに変わります。

移行手続きは必要ありません。

1ビューサンクスポイント → 2.5JREPOINTです。

400ビューサンクスポイントは1,000円分の価値があったので、JREPOINTに変わってもそのままの価値ですね。

VIEW ALTTEでのSuicaへのチャージ

これまでと同様に、貯まったJREPOINTはVIEW ALTTE(ビューアルッテ)で、その場でSuicaにチャージできます。

今までは1,000円単位でのチャージしかできませんでしたが、2018年6月28日以降は1円単位でチャージが出来るようになります。

JREPOINT のまとめ

今までバラバラだったJR東日本のポイントサービスが、TポイントやRポイントなどの共通ポイントに負けないようにサービス強化してきている状況でしょうか。

ビックカメラSuicaカードルミネカードなどの、ビューカードの利用で貯まるビューサンクスポイントも2018年6月28日にJRE POINTへ共通化されます。

さらに貯めやすく使いやすいポイントサービスになりますね。



スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする