JREPOINT への共通化!Suicaポイントからの移行方法など。

2017年12月5日にSuicaポイントが JREPOINT へ共通化されました。

これにより「駅ビルなどで貯まったJRE POINT」と「登録したSuicaの利用で貯まるJRE POINT」(現Suicaポイント)をひとつにまとめて、合算して利用できるようになります。

Suicaポイントクラブからの移行方法やオトクな使い方などを調べてみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




JREPOINT とは

JR東日本グループの共通ポイント「JRE POINT」はJR東日本グループで使えて、貯めることができます。

JRE POINT加盟店の駅ビルなどで買い物や飲食すると、JRE POINTカードの提示で利用金額100円(税抜)あたり1ポイントが貯まります。

ポイントの有効期限は、ポイントが変動した(貯める・利用する)日から2年間有効です。

Suicaポイントクラブ

Suicaポイントクラブは、Suicaを登録するとSuicaポイント加盟店でポイントが貯まります。

そして、貯めたポイントはまたSuicaにチャージできます。

Suicaポイント加盟店をよく使う場合は、Suicaポイントクラブに加入するとSuicaポイントがよく貯まります。

しかし、事前に登録が必要なので、あまり知名度がなく、損している人が多いようです。

今回、JRE POINTに統合されることで、より便利になり、知名度も上がってくるでしょう。

JRE POINT への移行方法

SuicaポイントクラブからJRE POINTに移行する場合は、移行ページから操作します。

先にJRE POINT WEBサイトに登録を済ませる必要があります。

登録が済んでいない方はメールアドレスを入力して仮登録します。

送られてきたメールのURLをクリックして本登録に進みます。

先ほどのメールアドレスとパスワードを入力して、ログインします。

続いて第2パスワードを設定します。

第2パスワードは、各種履歴確認や会員情報確認・変更など重要な情報にアクセスする際に必要です。

Suicaポイントクラブから移行をする場合は、[Suicaポイントクラブから移行をされる方]をクリックします。

Suicaポイントクラブに登録してあった、ユーザーID・パスワードを入力、もしくはMy JR-EASTのID・パスワード、そして氏名・性別・生年月日・電話番号・住所を入力して、「移行する」を押したら移行完了です。

移行完了の画面が出たら、JRE POINTに移行できたということです。

JREPOINT のまとめ

今までバラバラだったJR東日本のポイントサービスが、TポイントやRポイントなどの共通ポイントに負けないようにサービス強化してきている状況でしょうか。

ビックカメラSuicaカードルミネカードなどの、ビューカードの利用で貯まるビューサンクスポイントも2018年度中にJRE POINTへ共通化する予定です。

さらに貯めやすく使いやすいポイントサービスになりますね。



スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする