ヨガ友 長友佑都選手のヨガと体幹トレーニングをミックスしたオリジナルメソッド!

ヨガ友

ヨガ友 は、イタリアセリエAのインテルミラノに所属している、日本代表のDF長友佑都選手の書籍です。

昨シーズンは、ほとんどの試合でベンチ入り、わずか16試合にしか出場していませんでしたが、今シーズンは新しい監督の下で本来の輝きを取り戻しました。

その長友選手が取り入れている、ヨガ体幹トレーニングをミックスした「ヨガ友」。

その「ヨガ友」を紹介している本を購入しました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




ヨガ友 とは

ヨガを始めるきっかけ

長友選手はケガが少なく、タフなイメージです。

長友選手が出場している、日本代表の試合にも何回か観に行きましたが、どの選手よりも長い距離を走っています。

さっきまでディフェンスをしていたのに、今はゴール前で敵と競り合ってボールを奪い合っている。長友選手を観ているだけで面白い。

身体は小さいですが、大きい外国選手にも当たり負けしないで、立ち向かっていく選手です。

そんな長友選手ですが以前はケガが多く、試合に出れないことも多かった時期があります。

その時、お母さんからヨガを勧められて始めました。

「ヨガは女性がやるもの」

「スピリチュアルでちょっと怪しい」

「トレーニングには向かない」

というイメージがあった長友選手ですが、実際に自分でやってみて他の生徒さんが軽々やっているポーズが、自分は全くできないことに気づかされました。

ところがヨガを始めてしばらく経つと、体がどんどんやわらかくなっていき、サッカーのパフォーマンスも上がったらしいです。

それらがヨガの効果だということなんですね。

ココロにも変化が

ヨガは、インドで修行の一環として行われていたものです。

心身を鍛えることが本来の目的です。

現在は自律神経、免疫力など、ヨガと心身の健康の関係が明らかにされています。

ヨガにとって、とても重要な呼吸法やポーズによって、ココロとカラダの状態を調整するのです。

長友選手もイライラすることが少なくなったようです。

ヨガをすることで、ココロとカラダが鍛えられ、ストレスの緩和につながるのです。

ヨガは難しいイメージ

タレントの片岡鶴太郎さんが、最近テレビによく出られていますが、まさにヨガの達人といった印象ですね。

「あそこまでストイックじゃないと、ヨガなんて出来ないんじゃないか」

と思いますよね。

実際のヨガは、呼吸法やポーズが重要で、完全に覚えるのはかなり大変になってしまいます。

しかし、長友選手の「ヨガ友」はダイエットコースや肩こり解消コースなど、簡単にできるヨガがまとめられていて、誰でもできるようになっています。

こういうエクササイズやストレッチなどは、続けないと意味がないんです。

1週間から2週間、毎日やってもそれ以上続けられないと、やっていないのと同じです。

ヨガ友は、毎日簡単に続けられる工夫がされているのが特徴です。

サッカー少年の息子へ

ウチの長男はクラブサッカーに所属していますが、なんせケガが多い。

身体が固く、筋肉もガチガチ。

例えば、ふくらはぎを少しマッサージするだけで悲鳴をあげるほどです。

ちょっとでも、この子のためになるかと「ヨガ友」を購入しました。

長男が必要なものは柔軟な身体と、安定した集中力。

ヨガ友を続けていけば、両方手に入るんじゃないかと期待しています。



スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする