厄年 は何歳?厄除けの費用や申し込み方は?西新井大師でお護摩祈願

昔から 厄年 とか厄払いという言葉をよく聞きますが、詳しいところはご存知でしょうか。

神社、仏閣に行くのは初詣やお葬式だけという方も多いのじゃないでしょうか。

実際に、厄年になってみないと調べないであろう厄払いについて調べてみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




そもそも 厄年 って?

厄年は、昔から災いや不幸にあいやすい年齢と言われています。

民間信仰の迷信だという意見もありますが、厄年とされている年齢が身体の変化が起こる節目の年齢だったり、女性の場合は昔は命がけだった出産時期に重なっていたり。

いろいろと気をつけなくてはいけないことが多い時期です。

厄年や厄除けをとても気にする人もいるし、全く気にしない人、実際なにもなかった人もいると思います。

どちらにしても1番の理想は何事もないこと。

何かあった時に「厄除けに行かなかったからかも。」とか思うのがイヤなので、私は厄払いに行きました。

厄年 の年齢は?

厄年は、男性は25歳と42歳、女性の場合は19歳と33歳、37歳。そして、男女ともに61歳。

これが本厄(ほんやく)です。

その前後の年がそれぞれ前厄(まえやく)と、後厄(あとやく)です。

男性の42歳、女性の33歳が大厄です。

2018年の男性の厄年

前厄(まえやく) 本厄(ほんやく) 後厄(あとやく)
24歳
1995年
平成7年生まれ
亥年(いのしし)
25歳
1994年
平成6年生まれ
戌年(いぬ)
26歳
1993年
平成5年生まれ
酉年(とり)
41歳
1978年
昭和53年生まれ
午年(うま)
42歳
1977年
昭和52年生まれ
巳年(へび)
43歳
1976年
昭和51年生まれ
辰年(たつ)
60歳
1959年
昭和34年生まれ
亥年(いのしし)
61歳
1958年
昭和33年生まれ
戌年(いぬ)
62歳
1957年
昭和32年生まれ
酉年(とり)

2018年の女性の厄年

前厄(まえやく) 本厄(ほんやく) 後厄(あとやく)
18歳
2001年
平成13年生まれ
巳年(へび)
19歳
2000年
平成12年生まれ
辰年(たつ)
20歳
1999年
平成11年生まれ
卯年(うさぎ)
32歳
1987年
昭和62年生まれ
卯年(うさぎ)
33歳
1986年
昭和61年生まれ
寅年(とら)
34歳
1985年
昭和60年生まれ
丑年(うし)
36歳
1983年
昭和58年生まれ
亥年(いのしし)
37歳
1982年
昭和57年生まれ
戌年(いぬ)
38歳
1981年
昭和56年生まれ
酉年(とり)
60歳
1959年
昭和34年生まれ
亥年(いのしし)
61歳
1958年
昭和33年生まれ
戌年(いぬ)
62歳
1957年
昭和32年生まれ
酉年(とり)

西新井大師へ

「関東厄除け三大師」の1つである西新井大師に厄除けに行ってきました。

大師とは「弘法も筆の誤り」でおなじみの弘法大師 空海を祀っているお寺のことです。

「関東厄除け三大師」は東京都足立区の西新井大師、神奈川県川崎市の川崎大師、千葉県香取市の妙高山観福寺のことをいいます。

大師線

西新井駅から大師前駅に行くには、大師線という2両編成の電車で1駅です。

電車で西新井駅に着いて、ホームから階段を上がるとそこに大師線乗り場があります。

大師線は車掌さんが乗っていません。運転手さん1人だけ、ワンマンです。

電車内

厄払いに行ったのは1月最終週の土曜日でした。

時期的に初詣の参拝客もいるのかと思いますが、電車内はまあまあ混雑していました。

大師前改札

大師前駅には改札がありません。西新井の改札を通った時点で料金は支払い終わっています。

帰りの大師前駅からは、駅の構内に自由に入れます。

そのまま電車に乗ることもできますが、西新井駅にある改札で料金を払うことになります。

境内には露店も

境内

西新井大師はいつも何かしらの露店が出ています。

特に初詣の時期は多くの屋台が出ていて、とてもにぎやかです。

この日もその余韻からなのか、たくさんの屋台が出店していました。

だるま

大量のダルマ!

赤いダルマが一般的ですが、色が違うとその効果も違うようです。

お護摩祈願の受付

御祈願受付所

まず、手と口を清めてから、お護摩の受付所に行きます。

1日に何回ぐらい行われるの?

お護摩祈願が行われる時間は日によって違います。

三が日などの混雑期は10会以上も行われることもあります。

→詳しくは公式サイトでご確認ください

余裕を持って20分前には受付を済ませておいた方が良いでしょう。

申込用紙の書き方

申込用紙

受付所に入ると記入台がいくつかあって、お護摩申込用紙と鉛筆が置いてあります。

そこに名前や住所や年齢、祈願してもらいたい項目、祈願料などを書き込みます。

まず年齢ですが、数え年で記入します。

その年に迎える年齢+1歳と考えれば大丈夫です。

例えば、今年8月に41歳になる方が2月に厄除けしてもらう場合は、実際の年齢は40歳ですが、数え年では42歳になります。

願い事も選びます。

お護摩祈願をしてもらう場合は、厄除けだけではなく、家内安全や商売繁盛などの願い事も選ぶことができます。

お護摩の費用

申込書には費用を選ぶ欄もあります。

5,000円、10,000円、20,000円、30,000円、50,000円です。

お札の大きさが違います。

お札の大きさによってご利益も違うかというと、そうではなく効果は変わりません。

ご自分で払える金額を払えば良いとのことです。

大本堂へ

西新井大師

見るからに立派な大本堂です。

天気も良くて、詣で日和でした。

けむり

常香炉(じょうこうろ)といわれるものですね。

常香炉の煙を体の悪いところにかけると治りが良くなるといわれています。

お遍路

西新井大師は関東八十八ヵ所霊場などのお遍路の1つでもあります。

たたみ

大本堂の中はとても広いです。

初詣や節分までに厄払いと考えている方もいるかと思いますが、なんと畳の上は床暖房がついています。

暖かいんですよ。真冬でも辛くありません。

逆に暖かくて眠くなってしまうのが難点です。

お護摩祈願の時間は?

たたみ

この日も大勢の方が、お護摩祈願をしてもらいために来ていました。

お護摩祈願の所要時間は30分ほどです。

正座しているとしびれてしまうかもしれません。

僧侶の方は、足を崩しても構いませんとおっしゃってくれますので、遠慮なくあぐらでもかいて良いと思います。

お札を受け取りにいく

お札渡し処

お札を受け取る際は大本堂の後ろの「お札渡し処」というところで受け取ることができます。

お札渡し処

あいうえお順に棚に置いてあります。

お札袋

お札袋に入れて持ち帰りましょう。

古いお札

今年、本厄だったので前年の前厄の分のお札があるっていう方も多いと思います。

その古いお札などをおさめる場所があります。

大本堂に向かって左の場所に「古いお札、古いだるまをおさめるところ」と記しているところがありますので、そこにほんの気持ちと一緒におさめます。

厄除けはしておきましょう

お寺や神社で厄除け、厄払いをすると心が洗われるような気分になります。

その記しとしてのお札を家に持ち帰り、毎朝、手を合わせることで毎日の心がきれいになっていくのです。

その洗われた心で毎日を過ごせば、事故や病気に合いにくくなるのではないでしょうか。

何か不幸なことに遭遇した場合に、厄除けをしていなかったせいにしたくないのならしておくべきだと思います。

厄除けの後は日々の疲れも癒しました。

西新井大師で厄除けをしてもらった後に、北千住まで出て「もつ焼き おとんば 」へ。 開店時間が17時。入店したのが17時10分でしたが、...



スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする