いきなりステーキ

いきなりステーキのサーロインステーキ 2種類を食べ比べてみた結果

いきなりステーキのサーロインステーキ

いきなりステーキのサーロインステーキ 2種類を食べ比べてみました。

アメリカ産 の「 CABアンガス牛サーロインステーキ 」と、 オーストラリア産 の「 Naruoブランド牛サーロインステーキ 」です。

お肉に  やわらかさ、 ジューシー さ、そしてお肉自体の うま味 など、徹底的に調べてみました。

いきなりステーキのサーロインステーキ

いきなりステーキのメニューには、ワイルドステーキやリブロースステーキ以外にも4種類のサーロインステーキがあります。

・ CABアンガス牛サーロインステーキ

・ Naruoブランド牛サーロインステーキ

・ 本格熟成国産牛サーロインステーキ

・ 黒毛和牛真芯サーロインステーキ

その中でも、今回紹介する2種類のサーロインステーキは、必ずどちらかのメニューはどの店舗にもあるものです。
※「本格熟成国産牛サーロインステーキ」と「黒毛和牛真芯サーロインステーキ」は、どちらもメニューには載っていない店舗もあります。
公式ページ

Naruoブランド牛サーロインステーキ

Naruoブランド牛サーロインステーキ

Naruoブランド牛サーロインステーキ 300g

取扱い店舗:銀座六丁目、渋谷桜丘、赤坂通り、 吉祥寺、 新橋、大門、 神保町、綱島、王子、湯島、イオンモール日の出、恵比寿、亀戸駅前、五反田、浅草橋駅前、札幌南、イオンモール鈴鹿

1グラムあたり8.2円×300g=2,460円(税抜)

王子店でいただきました。

Naruoブランド牛サーロインステーキは、オーストラリアの「 鳴尾牧場 」( Naruo牧場 )で育てられた牛です。

世界最大級の牛肉輸出国オーストラリアにあって、やわらかくて、おいしいビーフの産地として知られるグレイネス近郊の牧場で生産されるオーストラリアンビーフ<Naruo牧場>。世界最高水準の安全で衛生的な肥育環境のもと、大麦など穀物飼料を与え270日以上(平均300日)をかけて贅沢に飼育しています。
出典元:エスフーズ株式会社

Naruoブランド牛サーロインステーキ

オージービーフ は赤身が多く、 アメリカンビーフ に比べて固くて、うま味は強いけどジューシーさに欠けるイメージがあったんですが、このステーキは違いました。

確かに赤身が多いので、さっぱりしています。

しかし、お肉は噛みしめるたびに肉汁があふれ出てきて、うま味も強いです。

オージービーフの概念を変えてくれます。

ただ、今回のお肉は固いスジがあったのが残念でした。

その日、その店でカットされたお肉なので、「運」によりますね。

CABアンガス牛サーロインステーキ

CABアンガス牛サーロインステーキ

CABアンガス牛サーロインステーキ 300g

取扱い店舗:上記Naruoブランド販売店を除く全店にて販売中。

1グラムあたり8.2円×300g=2,460円(税抜)

値段はNaruoブランド牛サーロインステーキと同じです。

産地はアメリカですが、元々の起源は イギリス の スコットランド のアンガス州で、全身の黒毛が特徴の牛です。

アンガス牛は、柔らかくてジューシーで赤身と脂身がバランスの良い牛肉として知られています。

アメリカン・アンガス協会が設定した、厳しい品質基準の中でも質の良いお肉は、サーティファイド・アンガス・ビーフ・プログラム(Certified Angus Beef Program = CAB)という認定制度で認定されます。

アンガス牛の中でもCAB製品に認定されるのは2割弱です。

CABアンガス牛サーロインステーキ

確かにやわらかいです。しかもNaruo牛サーロインよりもジューシーに感じました。

サシもほどよく入っており、食べやすかったです。

まとめ

「Naruoブランド牛サーロインステーキ」と「CABアンガス牛サーロインステーキ」は、

・やわらかさはCABアンガス牛サーロインステーキ

・お肉のうま味はNaruoブランド牛サーロインステーキ

・ジューシーさはCABアンガス牛サーロインステーキ

・さっぱりしているのはNaruoブランド牛サーロインステーキ

という感じです。

 

では結局、どちらが美味しいのか?

 

食べる人の好みです!

 

・・・いつもの結論ですみません。

トップリブとミドルリブ
トップリブ と ミドルリブ の違いは?「いきなり!ステーキ」で食べ比べてみた結果「 いきなり!ステーキ 」では、ランチでもディナーでも「 トップリブ と ミドルリブ 、マイリブ」の リブロースステーキ 3種を販売して...