いきなりステーキ

リブロースステーキ 500gを食べてみた感想【いきなり!ステーキ】

いきなりステーキで販売している リブロースステーキ は、赤身とアブラのバランスがよく、やわらかい上にジューシーで人気の高いメニューとなっています。

kaztoyo自身もリブロースステーキは好きです。

普段はトップリブかミドルリブの300gを厚切りで楽しんでいるのですが、今回はリブロースステーキ500gを食べてみました。

リブロースステーキ(マイリブ)

いきなりステーキでランチを食べる時は、ワイルドステーキワイルドハンバーグ、あるいは乱切りカットステーキが多いのですが、ディナーの時はリブロースステーキをよく注文します。

ヒレやサーロインに比べると値段も手ごろで食べやすい。

そして何より美味しいです。

 

リブロースステーキ

ド~ン!!

リブロースステーキ 500g・・・3,450円(税抜)

kaztoyo
kaztoyo
肉だ!肉だ!

 

リブロースステーキ

迫力ありますね。

コーンと玉ねぎを隠してしまう包容力と、涅槃仏(ねはんぶつ)かと見間違えるほど神々しさ・・・。

 

リブロースステーキ

切り口はこんな感じ。味は間違いなく美味しいです。

赤身とアブラのバランスがよく、値段もサーロインや国産牛などの他のお肉と比べれば手ごろだと思います。

いきなりステーキでも人気のお肉です。

トップリブやミドルリブも

1枚のリブロースステーキを半分に切って提供してくれる、トップリブステーキやミドルリブステーキもあります。

面積が少ないので、同じグラム数でもマイリブよりも厚切り、ジューシーでやわらかく食べることができます。

↓こちらも比較してみました。

トップリブとミドルリブ
トップリブ と ミドルリブ の違いは?「いきなり!ステーキ」で食べ比べてみた結果「 いきなり!ステーキ 」では、ランチでもディナーでも「 トップリブ と ミドルリブ 、マイリブ」の リブロースステーキ 3種を販売して...