クレジットカード

改悪 !楽天カードでnanacoにチャージするともらえるポイント付与終了!

クレジットカードの特典に 改悪 はつきものですが、楽天カードの主な特典であるnanacoチャージでポイント付与も終了します。

楽天カードのJCBブランドは、nanacoにチャージすると1%分の楽天スーパーポイントが付与されてきました。

しかし、残念ながら2017年11月5日(日)からはポイント付与対象外になります。楽天カードでnanacoにチャージしても、楽天スーパーポイントが付かなくなるということです。

nanacoだけではなくSuicaも

 

以下は、楽天カードのHPにあるお知らせから引用した文章です。

「楽天カード利用獲得ポイント」に関する変更のご案内

平素は、楽天カードをご利用いただき、誠にありがとうございます。

「楽天カード利用獲得ポイント」に関する変更についてご案内をさせていただきます。

11月ご利用分(※1)の「楽天カード利用獲得ポイント」進呈より、
今後下記ご利用分がポイント進呈の対象外となります。

【対象外となるご利用】
・nanacoクレジットチャージ
・モバイルSuica(※2)
・モバイルSuica年会費
・モバイルSuica(Apple)(※3)
・スマートICOCA(※4)

※1 2017年10月31日(火)以前のご利用分でも2017年11月5日(日)時点で楽天カードに売上情報が届いてないものはポイント進呈対象外になります。
※2 モバイルSuicaご利用分には、電子マネーへのチャージのほか、モバイルSuicaで購入されるモバイルSuica特急券・定期券・Suicaグリーン券なども含まれます。
※3 モバイルSuica(Apple)ご利用分には、モバイルSuicaからApple Payでチャージする電子マネーのほか、モバイルSuica(Apple)で購入されるモバイルSuica特急券・定期券・Suicaグリーン券なども含まれます。
※4 電子マネーへのチャージのほかICOCA発行再発行等も含まれます。

今後とも変わらぬご愛顧賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

nanacoだけではなく、Suicaもポイント付与対象外となってしまいました・・・。

何かSuicaはとばっちりを受けてしまった感があります。

 

イトーヨーカドーでSuicaを使う場合、Suicaポイントクラブに登録しておくと、イトーヨーカドーでもSuicaポイントクラブのポイントが貯まります。

↓そのSuicaポイントクラブもJRE POINTに統合されました。

JREPOINT
JREPOINT への共通化!ビューサンクスポイントとSuicaポイントが統合2017年12月5日にSuicaポイントが JREPOINT へ共通化されました。 これにより「駅ビルなどで貯まったJRE POI...

 

nanacoで税金を払う

通常の電子マネーでは、固定資産税や国民年金などの税金は支払うことができません。

しかし、セブンイレブンでnanacoを使うと、税金などの支払いに利用することができます。

そのnanacoにクレジットカードでチャージできるということは、間接的にクレジットカードで税金を払えるということです。税金でポイントがもらえるわけですね。

今まで楽天カードでこれをやっていた方は、困ってしまいますね。

 

nanacoチャージでポイント付与のクレジットカードは?

くよくよしていてもしょうがないんです。他の道を選ぶしかないんです。

nanacoチャージでポイントが付与されるクレジットカードを調べてみました。

 

Yahoo!JAPANカード

これも同じくJCBブランドのみです。

※2018年2月28日よりポイント付与率が0.5%になりました。

※VISA、Mastercardブランドでもポイントが付与されるようになりました。

楽天カードのライバルと言っても良いでしょう。

年会費無料、高還元率、ポイントカード一体型という共通点があり、新規発行のキャンペーンは楽天カードに負けずとも劣らずすごいです。

とても人気の高いクレジットカードです。

↓こちらで詳しく解説しています。

Yahoo! JAPANカード
Yahoo! JAPANカード の特徴!Tポイントがガンガン貯まるYahoo! JAPANカード は利便性が高く、Tポイントが100円につき1ポイント貯まる高還元率カードです。 年会費永年無料でク...

 

 

リクルートカード

リクルートカードでもnanacoにチャージするとポイントが貯まります。リクルートカードで貯まるポイント還元率は1.2%です。

決済ブランドはVASAやMastercard、JCBのどれでも付与されます。

しかし、VISAとMastercardは月間20万円までの制限があります。JCBブランドの制限はありません。

その他、楽天Edyにチャージする場合も1.2%のポイントが付与される、高還元率クレジットカードです。

↓こちらで詳しく解説しています。

還元率1.2%
還元率1.2% のリクルートカードは年会費無料でnanacoや楽天Edyにチャージでオトク!リクルートカードは、年会費無料のクレジットカードでありながらポイント 還元率1.2% の高還元率カードです。 リクルートが運営する...

 

 

セブンカード・プラス

セブン&アイグループのクレジットカードなので、他の2つ(Yahoo!JAPANカード・リクルートカード)が将来もし改悪されるようなことがあっても、このカードは残りそうな気がします。

なんてったってセブン&アイグループですからね。nanacoと一体型ですから。

 

クレジットカードには 改悪 がつきもの

クレジットカードには改悪がつきものです。

今までも例えば、カードのポイント還元率が下がる、お得な特典がなくなってしまうなどの改悪は、それこそ星の数ほどありました。

しかし、それとは別に新しいサービスや特典が始まったりすることも、もちろん多いのです。

常に新しい情報を仕入れていることが重要ですね。