三井住友VISAデビュープラスカード の特徴!25歳以下におすすめ!

三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード というクレジットカードがあります。

券面は三井住友VISAカードのシンボル「パルテノン神殿」をあしらった洗練されたデザインです。18歳~25歳の方にはとてもお得なクレジットカードです。

18歳~25歳ぐらいの若い人がクレジットカードを持つというと、周りの方に反対される人もいると思います。クレジットカードというと、マイナスなイメージを持たれている方も多いようです。

バブル崩壊後の1992年ぐらいに「カード破産」って言葉が流行るぐらい、クレジットカードを気軽に使い、自己破産する人が急増したことがありました。

その時のイメージがそのまま残っている方は、クレジットカードを嫌って、現金主義の方が多いですね。

マイナスイメージを持たない人も、いざクレジットカードを作ろうとしたら、良くないイメージを持っている親や友達に反対されたということもありますよね(ボクがそうです・・・)

もちろん正しい知識がないと、なんでも買うことの出来る魔法のカードと思ってしまう方もいるでしょう。

でも、クレジットカードもしっかりした使い方をすればお得で便利に使うことが出来ます。

若い方にとてもお得な、三井住友VISAデビュープラスカードの特徴やメリットについて調べてみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




三井住友VISAデビュープラスカード の年会費は?

三井住友VISAデビュープラスカードは、三井住友銀行が発行しているクレジットカードです。

申し込めるのは満18歳〜25歳までの方です。高校生は申し込むことが出来ません。大学生や専門学校生などは加入できます。初めてのクレジットカードとしてもおすすめなカードです。

一般の方が申し込む三井住友VISAカードより、色々な面でかなりお得なカードです。しかも、銀行系クレジットカードとして安心感があります。

26歳以上の方は三井住友VISAカードを候補にあげてください。

↓こちらで詳しく解説しています。

三井住友VISAクラシックカードA は国内VISAのスタンダードカードです。 抜群のステータスと安心感、そしてトップレベルの人気を誇る...

三井住友VISAデビュープラスカードは、初年度年会費無料です。

2年目以降は本会員1,350円(税込)です。

ただし、年1回以上のカード利用があれば、翌年度の年会費が無料になります。

普通に使っている方は、年会費は実質無料と言えるでしょう。

ETCカードも発行手数料・年会費無料です。

年会費無料(実質)のカードはETC年会費有料のクレジットカードがあるので、これはお得なポイントの1つです!

しかし、年に1回以上のETCカードの利用がない場合は、翌年は540円(税込)の年会費がかかります。

最近の18歳~25歳の方だとクルマを持っていない方も多いかと思うので、ETCカードは使う予定が出来てからでも良いかも知れません。

満26歳でプライムゴールドカードにランクアップ!

三井住友VISAデビュープラスカードは、満26歳になると三井住友VISAプライムゴールドカードへランクアップします。

三井住友プライムゴールドカードの年会費は、マイ・ペイすリボに登録してWeb明細にすればたったの1,620円(税込)

しかもこの年会費で一般のゴールドカード並みの充実したサービスがあります。

更に満30歳を過ぎてのカード更新時には、三井住友VISAゴールドカードにランクアップします。

満30歳になるとゴールドカード

三井住友VISAゴールドカードの年会費は、同じくマイ・ペイすリボに登録してWeb明細にすれば4,320円(税込)

30歳を過ぎていれば、この年会費も難なく払えるようになっていることでしょう。

三井住友VISAゴールドカード は、国内のゴールドカードの中でもJCBゴールドや、セゾンゴールドアメックスなどと並ぶ、人気のクレジットカード...

つまり、三井住友VISAデビュープラスカードを持っていると、自動的に三井住友VISAゴールドカードが将来持てるようになるということです。

ちなみにデビュープラスカードからプライムゴールドではなく、クラシックカードへの切替えも出来ます。

しかし、クラシックカードに切り替えるのでなくて、プライムゴールドカードに切り替える方が圧倒的に多いそうです。

将来、ゴールドカードの取得を目指している場合は、三井住友VISAデビュープラスカードを保有して、持ち続けるだけで目標に達成出来るということです。

安心のセキュリティ

三井住友VISAデビュープラスカードは、セキュリティがしっかりしています。

不正利用をされた場合

万が一、三井住友VISAデビュープラスカードを不正利用されたとしても、その損害額を補償する「VpassID安心サービス」が付いています。

クレジットカードを不正使用されて損害を受けた時に、被害の届出日から60日さかのぼって補償されます。

これは安心ですね!

注意点としては「Vpass」というカード会員のサイトに事前に登録しておく必要があります。

ショッピング保険も付いています

三井住友VISAデビュープラスカードには、カードで購入した商品が何らかの理由で破損などをした場合の損害を補償する「ショッピング補償」が付いています。

購入してから90日間です。

免責額は3,000円です。これは自己負担額のことです。

3,000円以上の損害が出た場合は保険金がもらえるということです。

注意点は、国内でショッピング保険が適用される条件というものがあります。

それはリボ払い分割払い(3回以上)での購入です。

一括で購入した時は対象外になります。

海外でのクレジットカードカードによる購入では一括でも補償されるようです。

しかし、三井住友VISAデビュープラスカードをマイ・ペイすリボに登録している方は、リボ払いを利用可能限度と同じ額に設定すれば手数料がかかりません。

国内でも手数料無しショッピング保険を適用することが出来るということです。

公式サイト

ポイント還元率

VISA加盟店で三井住友VISAデビュープラスカードを使用すると、1,000円につきワールドプレゼント2ポイントが付与されます。

1ポイント5円相当なので、還元率1%です。

あまりピンとこないかも知れませんが、基本0.5%のクレジットカードが多い中で、2倍の還元率となりかなりお得です。

そして、三井住友VISAデビュープラスカード入会後3ヵ月は1,000円利用で5ポイント付与となります。

還元率2.5%となります!

たくさん買い物をする前に入会するとお得ですね!

もちろん限度額があるので、そこを考慮しないといけませんが。

ポイントUPモールでAmazonや楽天などのポイントUP

三井住友VISAデビュープラスカードの会員は「ポイントUPモール」を利用して買い物をすると、ポイントが2倍~11倍になります。

ポイントUPモール」を経由して買い物をしないと、ポイントUPにならないので注意しましょう。

抜群の決済力

クレジットカードの基本的な仕事としては、決済できるということです。

五大国際ブランド(最近は銀聯カードなどもありますが)VISA、MasterCard、JCB、AMEX、DinersClubの中でも抜群の決済力を誇ります。

クレジットカードを使えてVISAを使えないところはない!というのは言い過ぎかも知れませんが、それほど使えるところは多いです。

デメリット

正直言って、デメリットはないです。

あえて言うなら18~25歳までしか契約出来ないというところですね。

ボクも若いころにクレジットカードに興味があれば保有していたでしょう。

三井住友VISAデビュープラスカード のまとめ

三井住友VISAデビュープラスカードは、

・銀行系の安心感のあるクレジットカード

・18歳~25歳限定

・還元率は基本1%。リボ払いの手数料発生時は1.5%

・年会費は実質無料(年1回の利用)

・満26歳になるとプライムゴールドカードにランクアップ

・満30歳になるとゴールドカードにランクアップ

・充実したショッピング保険

大学生や専門学校生になって、もしくは社会人として初めて所有するクレジットカードにおすすめできるクレジットカードです。



スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする