クレジットカード

三井住友VISAクラシックカードA の特徴!国内VISAのスタンダードクレジットカード

三井住友VISAクラシックカードA は国内VISAのスタンダードカードです。

抜群のステータスと安心感、そしてトップレベルの人気を誇るクレジットカードです。

券面は三井住友VISAカードのシンボル「パルテノン神殿」をあしらった洗練されたデザインです。

三井住友VISAクラシックカードA

国際ブランドはVISAかMasterCardなので、クレジットカードの本来の役目である決済力は抜群です。

三井住友VISAクラシックカードA の年会費は?

三井住友VISAクラシックカードAとは別に、三井住友VISAクラシックカードというクレジットカードがあります。

どちらのカードの年会費も初年度は本会員・家族会員(1人目)ともに無料です。

2年目以降は三井住友クラシックカードAは年会費1,500円(税抜)で、三井住友VISAクラシックカードは年会費1,250円(税抜)。

年会費が250円(税抜)上がる代わりに、海外旅行保険の補償額が最高2,500万円にアップします。条件も利用付帯から自動付帯に。そして国内旅行(利用付帯)がプラスされます。

家族会員は550円(税抜)、三井住友VISAクラシックカードの家族会員は400円(税抜)です。

満18歳以上の学生の方(高校生は除く)も取得することが出来ます。学生は在学中の年会費は250円(税抜)です。

カードの種類 本会員 家族会員 学生会員
三井住友VISAクラシックカード 1,250円(税抜) 400円(税抜) 年会費無料
三井住友VISAクラシックカードA 1,500円(税抜) 550円(税抜) 250円(税抜)

18歳~25歳の方は、ポイントがおトクなデビュープラスカードがおすすめです!

三井住友VISAデビュープラスカード
三井住友VISAデビュープラスカード は25歳以下におすすめの必須クレジットカード三井住友VISAデビュープラスカード というクレジットカードがあります。 若い方にとてもお得な、三井住友VISAデビュープラスカー...

 

「マイ・ペイすリボ」に登録すれば翌年の年会費が無料

三井住友VISAクラシックカードAは翌年の年会費を無料にすることが出来ます。

リボ払いサービス「マイ・ペイすリボ」に登録し、年1回以上のカードを使えば、翌年の年会費が無料になります。

マイ・ペイすリボは初回はリボ払いの手数料がかかりません。ということは毎月のリボ払いの金額を、カード利用限度額と同額に設定しておけば、手数料はかからないということです。

VISAとMasterCardの両方を発行する(デュアル発行)と、年会費は本会員1,890円(税込)・家族会員は864円になります。

この場合でも「マイ・ペイすリボ」に登録し、年1回以上のカードを使えば、年会費が無料なんです。これはとてもお得です!

ETCカードも発行手数料と年会費ともに無料です。

ただし、年に1回以上のETCカードの利用がない場合は、翌年は540円(税込)の年会費がかかります。クルマは持っていないけど、とりあえず取っておこうという人は注意が必要です。

ポイント制度

三井住友VISAクラシックカードAを利用すると1,000円(税込)につき、1ポイントが付与されます。1ポイント=5円です。還元率は0.5%です。

基本的なクレジットカードの還元率は0.5%なので、平均的な還元率です。

貯まったポイントは電子マネーや商品券など、多様な交換先があるので無駄になることはありません。

年間の利用額に応じて翌年のポイントUP

前年の利用金額に応じて翌年の還元率がUPします。

前年の年間利用額 ステージ ボーナスポイント 還元率
50万円以上 V1 50万円利用で50P
以降10万円毎に10P
0.55%
100万円以上 V2 50万円利用で75P
以降10万円毎に15P
0.575%
300万円以上 V3 50万円利用で150P
以降10万円毎に30P
0.65%

カードを使えば使うほどお得になるということですね。

「ポイントUPモール」でさらにお得!

三井住友VISAクラシックカードAはポイントUPモールを経由してネット通販などを利用するとポイントが2倍以上になります。Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングなどの有名どころはもちろん、様々な店舗でポイントUPします。

JCBカードのOki Dokiランド、セゾンカードのセゾンポイントモールと同じようなものですね。

期間限定のキャンペーンで特別に付与されるポイントが増えることがあります。常にチェックしておきましょう。

「ココイコ!」でリアル店舗も

三井住友VISAクラシックカードAにはココイコ!という、事前にエントリーしたクレジットカードで対象ショップでお買物をすると、ボーナスポイントがもらえるサービスです。

スマホでもエントリーできるので、外出先からでも大丈夫です。

 

国内・海外旅行傷害保険

三井住友VISAクラシックカードAには、国内・海外旅行傷害が付帯しています。

自動付帯分は少ないですが、利用付帯分は大きいのが特徴です。

海外旅行障害保険

自動付帯と利用付帯の両方があります。

保険の種類 保険金額
死亡・後遺障害 2,000万(うち自動付帯300万・利用付帯1700万)
傷害治療 100万
疾病治療 100万
賠償費用 2,500万
救援者費用 150万
携行品損害 20万(自己負担3000円)

ちなみに三井住友VISAクラシックカードは死亡・後遺障害保険が2,000万円ですが、利用付帯です。傷害・疾病治療保険はそれぞれ50万円です。

保険はクラシックAの方が充実していますね。

国内旅行傷害保険

死亡・後遺障害保険は2,000万(うち自動付帯300万・利用付帯1700万)です。

ちなみに三井住友VISAクラシックカードは付帯しておりません。

公式サイトへ

 

ショッピング保険も

三井住友VISAクラシックカードAで、購入した商品の損害を補償する「ショッピング補償」が付帯しています。

年間100万円。自己負担は3,000円です。補償期間は購入から90日間です。

国内で購入した商品でショッピング保険が適用される条件は、「リボ払い」「分割払い(3回以上)」での購入です。一括払いで購入した場合は適用されません。

海外では一括払いでも補償されます。

しかし、三井住友VISAクラシックカードAで「マイ・ペイすリボ」に登録して、毎月のリボ払いの金額をカード利用限度額と同額に設定しておけば、通常の1回払いと同じように購入できます。「ショッピング補償」も適用されます。

 

まとめ

まだまだ特典は紹介しきれていませんが、三井住友VISAクラシックカードAのボクが魅力的だと思うところを紹介させて頂きました。

まずは決済力

安定のVISAカードです。クレジットカードが使えるところでVISAが使えないところはない!とまでは言いませんが、世界中で使われている安心のクレジットカードです。

そしてステータス安心感。ゆるい条件で年会費無料になるクラシックカードですが、どこで出しても恥ずかしい思いはしないでしょう。

そこはやはり三井住友VISAのプロパーカードだからというところでしょうか。

銀行系のクレジットカードという安心感。これはお金で買えるものではありません。

クレジットカード
銀行系クレジットカード の特徴やメリット!ATM手数料無料や住宅ローンなどクレジットカードをカテゴリ別にすると、 銀行系クレジットカード といわれるジャンルがあります。 発行元が違うので、こういう分け方を...

 

この上には抜群の安心感とステータスを誇るゴールドカードもあります。

↓詳しくはこちらで解説しています。

三井住友VISAゴールドカード
三井住友VISAゴールドカード の年会費を半額以下にする方法。三井住友VISAゴールドカード は、国内のゴールドカードの中でもJCBゴールドや、セゾンゴールドアメックスなどと並ぶ、人気のクレジットカ...

 

それと各種保険ポイント制度。実質、年会費無料といってもいいクレジットカードとは考えられないぐらいの充実度です。海外旅行保険の上乗せ分として持つのも良いと思います。

三井住友VISAクラシックカードAは決済用のクレジットカードとしても、しっかりとしたメインカードとしても、価値のあるカードです。