平均寿命 を比較。日本と世界の平均寿命を比べてみました

平均寿命

日本人の 平均寿命 と世界の平均寿命について調べてみました。

ボクは今日で40歳になりました。

子供のころ、40歳というとすごい大人(おじさん)のイメージでしたが、中身は全く変わらず成長していません。

身体は勝手に成長しますが、中身は自分で成長させないとダメだということがわかりました。今さらですが。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




人生の半分が過ぎた

日本人の平均寿命は男性80.98歳女性87.17歳らしいです。

厚生労働省が2017年7月27日に発表した2016年の「簡易生命表」でわかりました。調査を始めた終戦直後の1947年は、女性53.96歳、男性50.06歳でした。そこから考えると大幅に延びました。

ボクは男なので、人生の半分を過ぎようとしています。

折り返し地点ですね。今まで生きてきた分と同じぐらいしか生きることが出来ません。

しかも、年を追うごとに月日が経つのが早く感じますよね。

世界の 平均寿命

2013年のデータによると、平均寿命が特に短い国はアンゴラ、アフガニスタン、ナイジェリア、チャド、スワジランドなど。

一番短いアンゴラは男性が37.7歳、女性39.8歳しかありません。

日本人の平均寿命の半分以下です。ボクならもう死んでいます。

原因は戦争中だったり、十分な医療体制がない上に食物の供給も足りていない国がほとんどです。

日本人として生まれただけで恵まれている

残念ながら事実として、日本人として生まれただけで、それだけで恵まれていることですね。

もちろん人間には上も下もなく平等ですが、生まれた環境で人生がある程度決まってしまうことは残念ながら、あります。

ネガティブに考えることなく、日本に生まれたことに感謝しながら、出来ることを前向きに進んでいった方が楽しいに決まっています。

人生を楽しく、有意義に過ごせるように工夫していきたいと思います。



スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする