Amazon返品 方法!梱包や集荷などの注意点など

Amazon返品 方法について調べてみました。

ネットで買い物をする時にはAmazonをよく利用するのですが、たまに気に入らなかったり、サイズが合わないことがあります。

今までは通販だから仕方がないかと思っていたのですが、今回は思い切ってAmazonで購入した商品を返品してみました。

面倒くさそうだなと思っていましたが、とても簡単でした。また同じようなことがあるかも知れないので、忘れないように書き留めておきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




Amazon返品 できる?できない?

まずAmazonで購入した商品がこちら。

Amazon返品

[テクシーリュクス] texcy luxe 軽量モンクストラップビジネスTU-7772 TU-7772 BLACK(ブラック/26.0)

アシックスの本革ビジネスシューズ、テクシーリュクスです。

スニーカーのように歩きやすくて、長時間歩いても足が痛くならない。

そして、雨が降っても滑らない、靴下に水がしみてこない(←重要)

そして、高い品質のわりにとても安い(←もっと重要)

購入したのはいいけれど

テクシーリュクスのビジネスシューズを購入するのは、これで2足目です。

1足目は紐で結ぶタイプでしたが、今回は見ての通りスリッポン?タイプです。1足目はスニーカーを買う際と同じサイズでピッタリでしたが、今回は同じように選んだら少し大きい!

家の中で試し履きして歩いてみると、歩くたびにかかとが脱げてしまうほどでした。

強烈な「これじゃない感」が・・・。返品したい。

でもAmazonに返品するのはやったことないし面倒くさそうだなぁと思ってました。

厚めの中敷きを入れて使っていこうかなとも考えました。

しかし、せっかく歩きやすいシューズを買っておいて、あえてそうやって使うのも・・・。

実は「Amazon.co.jpが発送する服&ファッション小物、シューズ&バッグストアの商品」の返品は無料です。

シューズは無料です。すごいです。

服やシューズ、バッグ以外の商品だと要確認

ただ、服やシューズ、バッグ以外の商品だと返品できるか調べないとダメですね。

下記のケースでは、理由にかかわらず返品・交換を承りません。

・受注生産品、特注制作品、刻字入り商品、およびサイズお直し品

・メーカー既成の外装で配送した商品を返送するときに外装がない場合や、外装のみに損傷がある場合

・メーカー既成の外装に直接出荷伝票が貼られているという理由の返品

下記のケースでは、お客様都合による返品・交換を承りません。

・メーカーが初期不良と認定していない場合(液晶パネルのズレ、ドット抜け、使用後の外観の傷など)

・拡張機器の増設や、パーツの取り替え、商品自体を改造、調整した商品

・お客様のご要請でメーカーから鑑定書・鑑別書の発行を受けている商品

返品する意思をAmazonに伝える

まずはAmazonに返品の意思表示をしないといけません。

Amazonのアカウントの注文履歴から返品する商品を選びます。

Amazon返品

商品の右側に商品の返品というボタンがあれば返品出来るということだと思います。

Amazonマーケットプレイス出品者から購入した商品などは出品者と交渉しないといけない場合があります。

商品が届いてから30日以内に返品しましょう。

商品が到着後30日以内に返品・交換を完了してください。30日を過ぎると返金額が20%減額されます。

その後、返品の理由を聞かれます。

これは「サイズが大きい」を選びました。

「イメージが違った」などの感覚的な理由でも大丈夫なようです。

返品リクエストを受け付けましたというメールが届きます。

送られてきた段ボールで梱包&発送

返品する旨をAmazonに伝えたら、商品を梱包してAmazonに発送します。

購入した時に送られてきた段ボールを使うのが1番だと思います。

Amazonの段ボールは中身の数倍大きいことがありますが、返品送料無料の場合は着払いなのでそのままでも良いと思います。

送料がこちら持ちの場合は少しでも小さくした方が送料は安くなります。

返品リクエスト受け付けメールの返送方法を確認ボタンをクリックすると返品用ラベルの印刷画面が出てきます。

※返品する商品によって、送り先が違います!ご注意下さい。

真ん中辺りの点線に囲まれた住所を切り取り、段ボールに貼ります。

下の大きいバーコードの切れ端は商品と一緒に梱包しましょう。

シューズの入っている箱をAmazonの段ボールに入れて、隙間に新聞紙を何枚か軽く丸めてクッション代わりにしました。

箱を振ってみて、中で商品が動かなければ大丈夫です。

集荷してもらっても持ち込みでも可

梱包が終わったら、先ほどの返品用ラベルの印刷画面からゆうパック着払いで集荷サービスを申し込みます。

集荷の時間指定も出来るので、都合の良い時間に取りにきてもらえます。

その日の15時ぐらいに集荷依頼して、17時過ぎには来てくれました。

玄関先で荷物を渡すと着払い伝票を渡されて、「名前と品名をご記入下さい」と言われその場で書きました。

その間、郵便局の方に待っていてもらってしまうので、気を使ってしまいますよね。

全然平気な方はいいんですが、着払い伝票をコンビニなどでもらっておいて、あらかじめ住所などを書いておいても良いのかも知れません。

コンビニや郵便局に荷物を持ち込んで発送することも出来ます。

その時は送り先を間違えないようにしましょう。

返金までの期間

土曜日の17時過ぎに集荷してもらって、日曜日の17時20分に返金のご確認メールが届きました。

1~3日程度でクレジットカードに返金されるとのことです。

早いですね!

Amazon返品 のまとめ

今回初めてAmazonで返品してみましたが、正直こんなに簡単だとは思いませんでした。

服やシューズ、バッグなどは試着する感覚で購入することが出来ますね。

ただし、何回も返品しているとアカウントが利用停止になることもあるんだとか。

常識的な利用方法なら大丈夫だと思います。シューズなら1~2回試着すればピッタリのサイズがわかるでしょう。

なかには返品出来ない商品もあります。

音楽やゲームのダウンロード商品は返品出来ません。雑誌や本、CDやDVDは本体に傷がある場合は返品できるようです(本の帯の損傷は不可)

いろいろと条件があるみたいです。詳しくはこちら

これでますますAmazonでの買い物が増えそうです・・・。



スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする